歯周病治療

歯周病治療

歯周病には4つのランクがあり、それぞれの症状により治療法も異なります。
歯周病のランク
ランクによる治療の進め方

#

歯と歯肉の間から入った細菌(歯垢、歯石)が歯肉に炎症をひきおこす。
歯肉は赤く腫れ、出血し易くなる。
#

細菌が歯と歯肉の境目からわり込み、歯と歯肉を離れさせる。(歯周ポケット)
#

歯と歯肉の境目に付着した細菌が、歯の根の面に沿って根の先へ侵入し、繁殖して臭いを発する。(口臭)
さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまう。
ポケットからは、常時血やうみがにじみ出ている。

#

歯肉はやせて下り、歯槽骨はほとんど吸収されてなくなるので、歯槽骨がむき出しになる。
ついにはグラグラと動揺し抜け落ちてしまう。



【参考】 ルートプレーニングによる治療法
 
キュレットを用いて、歯根面の歯垢、歯石、壊死セメントを除去して滑らかにする。


バス法(歯周病改善)
歯肉と歯の境目にブラシを45度の角 度であて、歯周ポケットの中にブラ シの先を入れてやさしくふるわせる。

歯間ブラシ
細い針金の周囲にブラシをつけたよ うなものです。歯ブラシの毛先が入りにくい歯と歯の問、歯茎の近くを きれいにします。すき間にいれて前後します。かなりの歯垢や食べカス がとれます。サイズはS.M.Lなどいろいろありますので自分にあったものを選び、入らないところには無理に入れないようにします。
ページのTOPへ